歯医者で歯石を取ってもらった

国税徴収法と税理士試験

私が聞いたのは大田区 税理士なら安心です。
税理士試験には様々な科目があるため、どの科目を選んだらよいか、迷っている方も多いのではないでしょうか。科目の難易度だけでなく、その科目が将来税理士になった後にどのくらい役に立つものか、ということも知っておきたいところです。そこで、その科目の一つである国税徴収法について、知ってみてはいかがでしょうか。
国税徴収法は、他の科目とはまた少し違った特徴を持っています。
例えば消費税法については理論と計算問題が、相続税法については大半が理論問題として出ますが、この国税徴収法は論述問題として出題されることが多くなっているのです。計算問題が全くでないわけではありませんが、それでも論述対策をしっかりとしていなければ合格は難しいでしょう。
国税徴収法という科目は、徴収法に関する理解を深めるためのものなので、しっかりと勉強をしていないと税理士になった後に後悔するかもしれません。将来のことも見据えて、この科目を選んでみてはいかがでしょうか。